リンク | Link

「デンソー×田園社会プロジェクト」イベントで連携 2010年11月20日(土)午前9時~午前12時30分 愛知県刈谷市 刈谷ハイウェイオアシス

特定非営利活動法人田園社会プロジェクト(本部:名古屋市、理事長:金子照美、以下、田園社会PJ)は、株式会社デンソーと連携し、同社のデンソー緑のプロジェクト(※1)の一環で、毎年実施している高速道路周辺の緑化活動「デンソー緑のハイウェイin 刈谷」での協働イベントを、11月20日(土)、愛知県刈谷市の刈谷ハイウェイオアシス岩ケ池公園周辺にて実施しました。

20101125-p01.jpg

田園社会PJは、農や食の大切さ、水や森林資源の大切さなどを、子供から大人まで分かりやすく楽しく伝える活動を行っています。今回の協働イベントでは、まず、現地周辺に残された里地の探索・竹林保全と高速道路ののり面の緑化活動を行い、その後、活動の意味と重要性をふりかえるために、漫画家鳥山明氏の協力によって作られた当NPOの教育教材『バイオスフィア』(※2)を活用した簡単な座学を行いました。イベントの最後では、里地の未来への想いをメッセージにのせ、みんなで楽しくイメージを共有する未来図『ぐるぐる夢パーク刈谷』(※3)(横幅:約280cm、縦幅:約180cm)を作り上げました。


『デンソー緑のハイウェイin 刈谷』イベント概要
1.集合場所 刈谷ハイウェイオアシス(刈谷市東境町吉野55)
2.日 時 11月20日(土) 9:00~12:30
3.活動内容 参加者を2つのコースに分け活動。総括として未来図の作成などを行いました。
①ハイウェイコース 樹木の成長確認、CO2 吸収量の計算、草取り、植樹
②北っ子の森親子コース 里山探検、竹コップ作り
4.参加人数 約120名
5.主 催 株式会社デンソー
6.後 援 刈谷市、刈谷市教育委員会
7.協 力 刈谷市立富士松北小学校、刈谷ハイウェイオアシス株式会社、
中日本高速道路株式会社、株式会社デンソーユニティサービス、神星工業株式会社、
特定非営利活動法人エコデザイン市民社会フォーラム 、田園社会PJ


20101125-p03.jpg 20101125-p02.jpg
リーダーさんが森について教えます 生き物や植物を探します
20101125-p04.jpg 20101125-p05.jpg
竹を伐採する親子 笹の葉を炒って笹茶を作ります
20101125-p06.jpg 20101125-p07.jpg
森で見つけた色々な物を描く子ども達 森で見つけた色々な物を描く子ども達
20101125-p08.jpg 20101125-p09.jpg
BIOSPHEREによる座学 楢木専務理事の講演
20101125-p10.jpg


(※1)「デンソー緑のプロジェクト」について
デンソーは、多様な生物が生息する生態系の復元・保全と地域の方々に親しまれる緑づくりを目的に、2006年度から地域社会と協働で「デンソー緑のプロジェクト」を推進しています。
活動は、事業所周辺(製品をつくるフィールド)を緑化する「デンソーの森」、高速道路周辺(製品が使われるフィールド)を緑化する「デンソー緑のハイウェイ」の2本柱で、社員・家族・NPO・地域住民が一体となって、植樹・間伐・枝打ちなどの活動を続けています。

(※2)「バイオスフィア」について
ドラゴンボールやDr.スランプアラレちゃんなどの作品で有名な漫画家の鳥山明氏の協力によって制作された環境教育教材。2009年4月から現在まで、全国約150の環境保全団体、地域活動・イベント開催団体等に累計3万5千部を頒布。寄贈その他イベントでの配布などを合わせると平成22年10月現在、累計5万部を配布しました。現在小学校での食育教育はじめ各方面で利用されています。

(※3)「ぐるぐる夢パーク刈谷」について
植樹や森の中での活動を行う中で、刈谷ハイウェイオアシス周辺がどんな風になっていて欲しいか、参加者全員で未来図(夢マップ)を作りあげました。
タイトルの「ぐるぐる」には、この里地の水や土、緑や生きもの、人間も含め、すべてが輪のようにつながり循環する環境になって欲しいという願いが込められています。

連携企業:株式会社デンソー http://www.denso.co.jp/ja/

環境教育教材

コミュニティ ~ COMMUNITY