リンク | Link

安城市×田園社会プロジェクト 環境学習教材「安城市こども ぐるぐるゼミナール」 2012年11月

anjyo-kodomo-guruguru-01.jpg
マンガページ ↑クリックで拡大
anjyo-kodomo-guruguru-02.jpg
マンガページ ↑クリックで拡大
anjyo-kodomo-guruguru-03.jpg
↑クリックで拡大
anjyo-kodomo-guruguru-04.jpg
↑クリックで拡大
anjyo-kodomo-guruguru-05.jpg
↑クリックで拡大
anjyo-kodomo-guruguru-h1.jpg
A4 28ページ ↑クリックで拡大
子供たちが地域の未来を考えるための環境教育教材「安城市こども・ぐるぐるゼミナール」を安城市環境部環境首都推進課との協働で制作しました。

この教材は小学生児童を対象にしており、冊子の前半は、田園社会プロジェクト(当NPO)が漫画家・鳥山明氏の協力により制作したマンガ「おいしい島のウーさま」を取り入れ、後半部分は、子供たちが自ら安城市の未来を考えるために、マンガの内容を踏まえた質問に答えていく形式。

食べものについて、地域の自然について、自然エネルギーについて、ゴミ問題、水質のことなど様々な質問を、自分で考えて書き込める学習ノート形式となっており、安城市が手掛けている環境保全などに対する取り組みも理解できる内容となっています。

安城市が認定する「環境アドバイザー」がナビゲートし、子供たち一人ひとりが考えて書き込んで発表し、ディスカッションするような学習イベントの開催を見込んでいます。
市内で実施される環境イベントや秋葉いこいの広場環境学習センター(愛称「エコきち」)でのイベント、環境アドバイザーによる出前授業などで活用するほか、関係機関などで配布していく予定です。



この教材が完成したのに伴い安城市は11月7日、環境・安全・モノづくりをテーマにした異業種交流展示会「メッセナゴヤ2012」で、「安城市こども・ぐるぐるゼミナール」を発表しました。中部環境先進5市(安城市、多治見市、新城市、掛川市、飯田市)が共同で設置した展示ブースに、マンガのキャラクター「ウーさま」が載っている表紙ページの拡大パネルを展示し、多くの来場者から注目を集めていました。

anjyo-kodomo-guruguru-06.jpg このエントリーをはてなブックマークに追加   mixiチェック

環境教育教材

コミュニティ ~ COMMUNITY