リンク | Link

光の帯ネットワーク×田園社会プロジェクト「【震災支援】 環境学習講座」 2013年8月6日(火) 岐阜県高山市清見

田園社会プロジェクトは8月6日、高山市に保養に来られている被災地(東日本大震災)の親子向けに環境学習講座「水はどこから来るの?」を開催しました。環境教育教材バイオスフィアを使いながら森林と水と農業についての授業を実施。 「雨がふらない日がつづいても、なぜ川の水はなくならないのか」をメーンテーマに、水の保水力に関する実験などを行い、森林資源の大切さを子どもたちと一緒に考えました。
参加した親子には、環境学習教材「バイオスフィア」のほか、イビデン(株)様の協賛により製作した、当NPO発行の環境学習教材「森林のふしぎぐるぐる実験ノート」、東急建設(株)様の協賛により製作した「田んぼのふしぎぐるぐる実験ノート」を配布しました。
被災地の親子は、光の帯ネットワークが子どもたちの夏休み(7月30日~8月19日)を利用して受け入れています。福島第一原発事故による放射性物質の拡散が続く被災地の子どもたちに向けた、鳥山明氏のメッセージも伝えました。

講座4.jpg講座2.jpg講座3.jpg講座5.jpg講座6.jpg講座8.jpg
講座10.jpg メッセージ1.jpgメッセージ2.jpg風景2.jpg風景3.jpg

環境教育教材

コミュニティ ~ COMMUNITY